「保育園より家庭保育」
「保育園に幼い頃からいかしているからね」



なんていう人がいます。
保育園と家庭保育、どちらもなんら変わりません。
保育園に行かしていたからどうだとか
家庭保育だったからどうだとか、
その問題は大きくなってしまったらはっきり言って無意味な事です。
どちらもなんら変わりません。

その人その人の気持ちに余裕ができる方でいいと思います。

肝心なのは家に居てようが外へ預けようが、
一緒に居る時、
母親の場所が安全で落着ける場所である事です。

話半分でうんうんと聞いてあげてるだけでも、
「もうちゃんと聞いてよ〜!」
と言いながら、いろいろ喋れて子供は満足します。
またそういう時間を子供の頃体感した事のある人は
幸せで満ち足りた気持ちになったことありませんか?

ただ甘えたくて抱っこと言って
一瞬だけでもぎゅっとされて嬉しく感じた事ありませんか?

もしなくてもそうしただけで子供はしっかり母の愛情を確信します。

「何度も言ってくる」「甘え癖がつく」
何度も要求するのも可愛いではないですか^^
何度もギュは出来ない時はこういう状態だからと説明し、
最後にギュッとしてあげるか、
もう限界かな、ああ、落ち込んできてるなって感じたら
ギュッとして「大好きよ、だからもうちょっとまってね」って言ってあげるだけでも
かなり違います。
甘え癖は「モノを要求」して何でも「買って与えた」とか言う事等を指します。
心の甘えはいくらでも甘えさせてあげてください。


甘えられる場所があると言うのは人間大きな安定を生みます。



さぁ、保育園、家庭保育どっちがいい?

今はもう声を大きくして答えられますよね^^








ひとつ心が楽になったかな?




top